第8回 三木金物博覧会 鍛冶でっせ!出展します

2019-4-18

道刃物工業本社のある兵庫県三木市で開催されます
第8回三木金物博覧会・鍛冶でっせ!に出展いたします。


去年のブース

三木の地場産業でもある刃物や工具を使い、
ワークショップも多数実施されます。
弊社では今年2本のワークショップをご用意いたします。

【道刃物ブースワークショップその1 木彫スプーン作り】
木曽ヒノキを使い、オリジナル木彫スプーンを作ってみませんか?
香りはもちろん、木のぬくもりを手で感じ、五感をフル活用!


完成イメージ

【道刃物ブースワークショップその2 ゴムハンでコースター作り】
もうひとつはゴムハンDEコースターという内容です。
父の日も近いので自作はんこでプレゼントを作りましょう。
消しゴムはんこを作ってコースターに押し、メッセージを書き込めば
心温まるプレゼントの出来上がり。


たくさんのご参加をお待ちしております。

日時:2019年5月25日(土)~26日(日)
25日(土)10:00~16:00
26日(日)9:00~16:00

会場:かじやの里 メッセみき

また、今年もランチが充実しています。
ぜひ三木のグルメをお楽しみください!


みなさまのご来場を心よりお待ちしております!

 


彫刻刀の焼き印のお話

2019-4-17

道刃物で販売しております彫刻刀ですが
形状とサイズの上の部分に、弊社トレードマークの
焼き印を押しております。


左:刃物鋼「平常心道」
右:ハイス鋼「拝崇道」

焼き印は社内で『焼き印職人』が行っております。
一本一本丁寧に手作業で行います。

薄くてもまずいし、黒すぎてもダメ。
職人ならではの経験で、いい感じに仕上げております。

動画にまとめましたので是非ご覧ください。

今後も職人さんの心のこもった商品を販売してまいります。


木版画展覧会作品募集のお知らせ ~第11回飛騨高山国際現在木版画トリエンナーレ2020~

2019-4-11

木版画展覧会作品募集のお知らせです。


【趣旨】
飛騨高山は古来より気に恵まれ独特の文化を育んできました。
この地方で昔から盛んな木版画は「飛騨版画」と呼ばれ
伝統的な技法を継承しつつ、独自の表現の創造に取り組んでいます。
飛騨高山国際現代木版画トリエンナーレは。”木”という自然の素材に恵まれ
木版画を大切にしてきたこの地から、飛騨高山の文化の息吹を発信することを
目的として、素材を生かした新たな技法の発想と表現の創造を国内外に
広く募るものです。(応募要項より引用)

募集期間:2019年10月1日(火)~10月31日(木)
要項と応募フォームはこちら
http://www.city.takayama.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/006/776/2020youkoujp.pdf


新元号「令和」をモチーフにはんこを作りました。

2019-4-10

4月1日、ついに新元号が発表されました。

「令和」。万葉集の歌の一部からの着想ということでした。
凛とした響きで、高貴な感じを受けました。

そこで早速、その令和をモチーフに作成。
まずはてん刻です。

書体はスタンダードな篆書体にて。
画数も少なめなのではんこにしやすいです。
しかしながら、ごまかしが利かないので彫るのは慎重に行いました。

そして消しゴムはんこ。

文字は隷書体に、角には歌に出てくるお花モチーフの家紋を。
一版多色で押しました。

みなさんも新元号をモチーフにはんこを彫ってみてはいかがでしょうか!

てん刻用品はコチラ→ 

ゴムハン用品はコチラ→