木彫 公募展

2017-6-20

第24回 公募展
木彫フォークアートおおや
作品募集
~ふるさとの命の姿~

申込期間:平成29年8月1日(火)~8月31日(木)消印有効



第5回全国年賀状版画コンクール表彰式&板院展

2017-6-20
6/17(土)東京都美術館で行われた第5回全国年賀状版画コンクール表彰式に招待され、
出席してまいりました。
このコンクールは子どもの部と大人の部がありますが、いずれも版画です。
弊社は昨年よりこのコンクールに協賛していますが、
いずれも力作ばかりでひとつひとつの丁寧な作品作りに感心します。
 
今年は静岡在住の北島さんに道刃物賞を授与しました。
彫刻刀をダイナミックに生かした大胆な作品です。
 
近年ではメールやLINEで済ます新年の挨拶が増えてきているとは聞きますが
手作りの味わい深い年賀状も趣があります。
また同時に開催中の第67回板院展では多数の木版画や木口木版画を出品されており、
見ごたえのある作品ばかりで驚きました。
またこちらでも道刃物賞を協賛しており、2点選ばれました。
青森の宮本さんと東京の大内さんです。
 
日本の伝統的文化でもある木版画の普及がもっと進むよう
更に進めていきたいと思います。

Amazonログイン&ペイメントでスムーズなお買い物を!

2017-6-13

道刃物工業ホームページではこの度、お支払方法の一つとして
「Amazonログイン&ペイメント」を導入いたしました。


Amazonログイン&ペイメントの最大のメリットは
わずらわしい会員登録不要ですぐにお買い物が出来るということです。
Amazonアカウントをお持ちのお客様なら個別サイトの会員登録手続きなしで
既に登録済みの送付先、決済方法をご利用頂くことにより
お買い物をスムーズに、スピーディーに行えます。

ご利用は、ビックリカンタン3ステップで行えます。


まずログイン画面から「Amazonアカウントでログイン」を選びます。


Amazonアカウント情報を入力してサインイン。


お会計の際「Amazonアカウントでお支払」を選びます。


お届け先、お支払方法を選んでご注文確定!

すでに道刃物会員のお客様も、同じメールアドレスのAmazonアカウントであれば
同じお客様と自動判定し、今まで獲得した道刃物ポイントや購入履歴の引き継ぎが出来ます。
(メールアドレスが違うとポイントや購入履歴の引継ぎが出来ませんのでお気を付けください。
また、Amazonポイントの併用は出来ませんのであらかじめご了承ください。)

カンタンスムーズなお買い物が出来るAmazonログイン&ペイメント。
特に非会員でAmazonアカウントをお持ちの方は是非ご利用ください。


第一回 杜のはんこ学校に出展いたします

2017-6-13

こんにちは、道刃物工業の営業・キカイです。

7月中旬に、仙台で「杜のはんこ学校」というイベントが行われます。

今年初めての開催となる当イベントのコンセプトは「まなぶ、あそぶ、きずく」。
イベント自体を学校に見立て、スタンプの楽しさを知り、実際遊び、そして築く。
一般に浸透しきったスタンプの楽しさを改めて実感できるイベントになりそうです。

このコンセプトに大変共感し、弊社は出展をすることになりました。
弊社として東北イベントへの参加は初めてとのこと!
山形県出身の私、キカイとしても大変感慨深いことです。

道刃物自慢の切れ味抜群なゴムハン刀やきれいな印面のラビーゴムをはじめ
スタンプカーニバル後には必ず話題になるハイスゴムハン刀「匠シリーズ」も展示販売。
匠シリーズはその場で遠慮なくお試しできるように準備いたします。

東北にもスタンプファンがたくさんいらっしゃいます。
せっかくのチャンス。みなさん、仙台でお会いしましょう!!

会場:イズミティ21 展示室
    宮城県仙台市泉区泉中央2-18-1
    市営地下鉄東西線 泉中央駅 北3出口からすぐ
日時:2017年7月15日(土) 10:30〜17:00
入場料:無料
主催:杜のはんこ学校実行委員会

杜のはんこ学校、ホームページはコチラ→

出展者一覧はコチラ


中国出張報告 ~キカイ一人旅~

2017-6-12

こんにちは、道刃物工業の営業・キカイです。

6月6日から10日まで、中国に出張に行ってまいりました。
今回は初めての一人旅となりました。


飛行機から見えた富士山から「いってらっしゃい」のあいさつ。

さて、まず訪れたのは「第111回届中国文化用品商品交易会」。
第111回ってのがまずすごいですが、年に数回行われており
それでも2~30年くらいの歴史あるイベントでした。

会場内はお客さんでいっぱい。
弊社でもお世話になっている会社さんが出展しており
挨拶がてら新商品を拝見いたしました。

その後お世話になっている常州の工場に車で移動(3時間)。
軽く工場見学をさせて頂きました。
しかしなんと言っても広い!



この機械は鎌の鍛造機

ゴムハン刀や学童用の彫刻刀製造現場を見学しつつ
その日は宿泊した常州のホテルで歓迎会。

この魚揚げてあんかけかけたのが一番うまい

白酒(アルコール度数50%)をたくさん(おちょこ20杯ほど)頂きました。
(でこの顔)

*******************

翌朝は別のところにあるプラスチック用品製造工場へ。
パワフルなおばちゃんが似つかわしくない機械で
一生懸命ゴムハンホルダー作ってました。

そしてまた戻り、今回のメインともいえる
消しゴムはんこの講習会。講師は、(二日酔いの)私です。
(写真の講師のような方は講師ではなく同行して下さった鄭さん)


初めての人ばっかりとのことでしたが皆さんお上手でした。
今後のお仕事に活かしてほしいですね。
(うちわも活用してね)

*******************

最終日。
まずは鎮江に赴きヴァイオリン製作家の元へ。
工具について熱く語って頂きました。


その後常州に戻り竹の表面を彫って絵にする
「竹刻」の職人さんのところに。
作り方を教えてもらって、竹刻制作にチャレンジ!

写真中央の方が先生


2年頑張ればこんなのが出来る(らしい)。
この薄い竹皮をさらに薄く削いで濃淡を出し
立体感を表現していくんだそうですが
来たばっかりの自分には出来るはずもなく

2時間ほど頑張ってこれ
(右肘がバカになった)

 

*******************

竹刻先生にお礼をし、上海に向かいます。
中国最後の夜です。


上海の四川料理屋さんで食べた、なんだかんだ一番うまかった麻婆豆腐。

と、最後に素敵なプレゼントがありました。


わざわざ上海の夜景に近いところに宿をとって頂いて
本当にありがとうございました。

最後までサポートして下さった鄭さんと最後の記念撮影。

いい思い出になりました。ありがとう鄭さん。

4泊5日と長丁場でしたが、大きなトラブルもなく楽しい一人出張となりました。
それもこれもいままで培ってきた弊社と現地工場の絆の賜物。
どの方も温かくお迎えして頂き、腹を割ってお話下さったからこそです。
この出張で見たこと、感じたことを今後の仕事に活かしていきたいです!