第3回北区まちゼミに参加します。

2018-7-14

道刃物直営店の「彫刻刀のお店カービー」は、
今年も「まちゼミ」に参加します。

主催は、東京都北区役所産業振興課
北区全域が対象になっており、
参加86店、126講座

全国にまちゼミはありますが、北区まちゼミはかなりの大規模だそうです。
この夏も北区まちゼミは盛り上がりそうな予感です。

〇開催期間:8/1~9/15
〇申込開始:7/20~

彫刻刀のお店カービーでは、

◆てん刻(昨年好評だったものです)
8/25、9/4、9/13 ・14時~  定員各回4名

◆仏像彫刻(昨年ご要望が多かったもの)
8/21、8/30 ・10時~ ・14時~ 定員各回4名

チラシNo113
◇消しゴムはんこ(他店とコラボ。場所は飛鳥山テラスさんにて)
8/29 ・14:30~  9/5 ・10:30~ 定員各回4名

また、他店でもすごく楽しそうな講座が盛りだくさん。
チラシが欲しい方は、当店でもお渡ししています。
北区在住の方は、北区ニュース7/20号と一緒に配布されます。

皆様のご参加お待ちしております。


木彫作品展のお知らせ ~郵政博物館~

2018-7-13

郵政博物館にて木彫展が開催されます。

【どうぶつゆうびん局へようこそ!】
はしもとみおの木彫の世界

【きって展】
本多絵美子×馬塲稔朗×山本麻璃絵

2展示同時開催です。
会期:2018年7月14日(土)~9月9日(日)
会場:郵政博物館(東京スカイツリータウン9階)
入場料:300円(高校生以下150円)


ハイス小道具のみ天道 新サイズ登場【外丸12mm】

2018-7-11

現在好評販売中のハイス小道具のみ天道に
待望の新サイズ、外丸12mmが登場いたしました。

真ん中が12mm。
既存サイズ6と18の、ちょうど間です。


12mmは小道具のみとしてもバランスがよくカッコいいですね。

ハイス変形刀裏丸という商品もあり、薄刃でいいですが
こちらはそれよりも刃は厚く、丈夫です。


左:ハイス小道具のみ外丸12、右:裏丸12


裏丸(左)の方が極浅の薄い丸です。
外丸(右)は浅丸くらいの感じでしょうか。

刃表の研ぎも若干違います。
裏丸は真っ平ですが、外丸は湾曲しております。
刀痕も変わるので用途によりお選びください!

商品ページはこちらです。
http://www.michihamono.co.jp/fs/carvy/c10/62070000


ワンダーフェスティバル2018夏 ブース番号決定しました

2018-7-10

こんにちは、道刃物工業の営業・キカイです。

7月29日(日)に出展いたしますガレージキットの祭典
「ワンダーフェスティバル」のブース番号が決定いたしました!


※画像のプラモはモデレッジを使って

 バリ取りをしながら作ったものです(笑)

ブース番号:5-17-13
今回は初めてメーカー単独での出展となります。
現在弊社製造に無理を言って、ワンフェス先行販売の商品を作ってもらってます!
また、プラモガレキ専用刃物・モデレッジ以外にも、彫刻刀専門ならではの
かゆい(狭い?細かい?)ところに手が届く刃物をいろいろとお持ちします。

日時:2018年7月29日(日) 10:00~17:00
会場:幕張メッセ 1~8ホール

入場にはチケット兼ガイドブックのご購入が必要です。
ワンフェスチケットお取扱店一覧はコチラ
(7月13日頃販売開始予定)
http://wf.kaiyodo.net/wf/guidebook/

公式ページはコチラ
http://wf.kaiyodo.net/


北海道 二風谷工芸館へ

2018-7-9

先日、北海道平取にある二風谷(にぶたに)工芸館へ

二風谷イタは伝統産業のひとつにも指定されており、歴史があります。
まさに百聞は一見に如かずですね・・・。ネットで見るのとは違いました。

 

 

 

 

最近はどんどん外へ出払う機会も多く、生涯学習の一貫として
木彫ワークショップ教室も行うそうです。
その際使用する彫刻刀の依頼も受けました。

 

 

 

二風谷イタは、百年以上前から沙流川流域に住むアイヌの人々などによって受け継がれて来ました。19世紀半ばには、この地域から半月盆や丸盆が献上されたという記録が残っています。

【特徴】

木製の浅く平たい形状のお盆で、日常生活で長く使用できる実用品でありながら、モレウノカ(うずまき・形を模したもの)、アイウシノカ(刺がある・形を模したもの)、シクノカ(目・形を模したもの)などのアイヌ文様、ラムラムノカ(ウロコ・形を模したもの)と呼ばれるウロコ彫りが施されている、美しさも兼ね備えた工芸品です。

【作り方】

①原木を板状に製材し、3~4年間自然乾燥させる。 ②板取り(板の表面を平らにして、製作するサイズに切る。) ③型取り(荒削りをして、底、角を整える。) ④文様彫り(下絵を描き、下絵に沿って線彫りをする。文様の陰影を深めるようにくぼみを彫り、彫りの表情を豊かにするため、主要な文様の周囲に二重線を入れる。) ⑤ウロコ彫り(枡目に刻み、彫り起こす。)

たくさんの気づきを頂き、

歴史あるアイヌ彫りの伝統をみることでとても勉強になるいい機会を頂きました。