道刃物ニュース VOL.123 第1回東京アートクラフトフェスタ 出展します。

□□□□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2019.05.10 ━■
□■ ■□ 道刃物ニュース VOL.123
□■■■■□ やすらぎのスローライフを演出します!
□■ ■ ■□ http://www.michihamono.co.jp/
□■ ■□ 道刃物工業株式会社
□□□□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

こんにちは、道刃物ニュースです。
本日のメニューはこちらです。

1.第1回東京アートクラフトフェスタ 出展します。

2.第8回 金物博覧会「鍛冶でっせ!」ワークショップ事前予約開始

3.第43回日本ホビーショー出展報告

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■┃第1回東京アートクラフトフェスタ 出展します。
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今まで「消しゴムはんこヴィレッジ」や「カービングフェスタ」という
名称で開催しておりましたイベントが、この度
「東京アートクラフトフェスタ」にリニューアルし開催されます。
彫る、切る、削る、描く、捺す、に関するホビーが大集合。
道具や材料の販売、ワークショップやデモンストレーションなど
アート&クラフトの「新しい発見」に出会えるイベントです。

弊社も出展を予定しております。
今までにない新しい商材を準備中です。お楽しみに。

日時:2019年6月2日(日)11:00~16:30
会場:東京浅草橋 東商センター3階
入場料:500円(65歳以上、未就学児は無料)

ブログはコチラ

第1回東京アートクラフトフェスタに出展いたします。

公式HPはコチラ

Tokyo Art Craft Festa

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■┃第8回 金物博覧会「鍛冶でっせ!」ワークショップ事前予約開始
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎年恒例、三木の金物イベント【三木金物博覧会 鍛冶でっせ!】。

体験を中心とした当イベント、弊社では去年に引き続き
三木在住のカトラリー作家・前田修さんを講師としてお迎えし
木彫スプーン制作体験を開催します。

ヒノキ材を使用したスプーン彫刻をじっくりとお楽しみ頂けます。
彫った時に香るヒノキの匂いに癒されつつ、木彫の楽しさをご実感ください。
専用刃物も使い放題。今後の創作のヒントとして活かして頂けたら幸いです。

本日よりワークショップ事前予約受付開始いたしました。
下記よりどしどしお申し込みください!
http://www.michihamono.co.jp/fs/carvy/desse2019

もう一つのワークショップ、消しゴムはんこですが
こちらは当日のみの受付となります。
なにとぞご了承ください。

【第8回 三木金物博覧会 鍛冶でっせ!】
開催日時:2019年5月25日(土)~26日(日)
25日(土)10:00~16:00
26日(日)9:00~16:00
会場:かじやの里 メッセみき

鍛冶でっせ!公式サイトはこちら
http://www.miki-kanamono.or.jp/kajidesse/

講師・前田さんのinstagramはコチラ
https://www.instagram.com/maechi.thb/

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■┃第43回日本ホビーショー出展報告
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年も日本ホビーショーが無事閉幕いたしました。
今回は東棟から西棟に移ったということもあり
ご来場のみなさまには一部混乱を招いた部分もあったようですが
それでも!今年もたくさんのお客様にご来場頂けました。

まずは木彫りの楽しさに気づいて頂けるよう今年は展示内容を
出来るだけスッキリとし、イメージを変えました。
見て頂きたいものがはっきりとした展示が出来たのではないかと思います。

数々の反省点を活かし、また来年も出展しますので
今年来られなかった方は是非おいでください。
ちなみに来年は東京オリンピック、パラリンピックの影響もあり
2020年4月28日(火)~30日(木)と変則的な日程となっております。

ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました!

ブログはコチラです。

ホビーショー2019報告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*編集後記*

ホビーショーが終わり連休が始まり、令和が始まり、と
この1週間なんだか目まぐるしい日々でしたね。
令和の初日は私の従妹が結婚式を挙げ、それに参列いたしました。
記念すべき日に、思いもよらず新鮮な気持ちを味わうことが出来ました。
新時代幕開けの日に新生活を始めた新郎新婦に、どうか幸あれ。

それではまた次回!