研ぎの講習会と版画刀の紹介を行いました

2019-8-26

先日、カービーにも来店されたMELさんが森木ペーパーさんのところで
木版画の講習会を開催するので研ぎの実演依頼があり伺ってきました。

森木ペーパーさんは日本全国各地でつくられる様々な和紙 及び 紙製品を取り扱っておられ、和紙輸出商社として創業以来、国内はもとより、現在世界約25カ国に供給されています。
文化財保存修復、版画を初めとするファイン・アート、ステーショナリー、インテリア素材、木版画の和紙を海外で高い評価を頂いております。


MELさんには通訳をお願いし、
マカオの方(学校の先生やアーティスト)6名へ

研ぎについては一生懸命に習得しようとメモを取ったり、体験されたりして充実した時間を過ごすことができました。

木版画は日本だけでなく、海外にも浸透しはじめており、「WOOD BLOCK PRINTING」よりも、今や「MOKUHANGA」が代名詞となっています。

来年にはIMC2020(国際木版画会議)が奈良で開催予定。
弊社もそれに向けて、まずは海外の方でも安心して研ぎができる道具や技法を今後研究し、提案していきたいと思います。

タナカ