道刃物工業株式会社道刃物工業株式会社
 
  商品一覧 入門編 お買い物ガイド 会社概要 お問い合わせ  
     
商品検索
リニューアルキャンペーン
彫刻刀 のみ
彫刻道具
彫刻刀 研ぎ機
木版画
てん刻
消しゴムハンコ
マイスターカービング
ひよっこ鎌
新商品
メールマガジン
 
メールマガジンのご登録・解除はこちらから
バックナンバーはこちら
 
弊社関連リンク
 
みんなの作品ギャラリー
あなたの作品をご投稿下さい!
 
MICHI★LOG
道刃物工業のブログ
 
みんなの彫刻のじかん
学校の先生向け
図工美術教材webサイト
 
彫刻刀ショップカービー
道刃物アンテナショップ
 
道刃物 twitter
 
道刃物 Facebook
 
Youtube 道刃物 チャンネル
 
道刃物 twitter
 
  

TOPページ > 入門編 > 彫刻刀について

彫刻刀について

ハイス鋼、刃物鋼ともに刀身の長さは85mm。柄の中には”刀身長さ”-”先出長さ”分刃が入り込んでおります。研いで刃先が短くなったら柄を削って先出を長くすることで、長い時間お使い頂くことができます。

ハイス鋼と刃物鋼の違い

道刃物で取り扱う彫刻刀の材質にはハイス鋼と刃物鋼という二つの種類があります。ここではその違いを解説します。

ハイス鋼 -木彫りのプロや愛好家も納得の鋼材-
ハイス鋼というのは、英語の(high-speed steel)を略した呼び方です。耐磨耗性・耐熱性・耐蝕性に富む特殊鋼の一種です。普通の刃より長切れし、焼き戻りしにくいのでグラインダーで荒研ぎができ、木彫りのプロや愛好家などにも信頼されている鋼材です。これから長く彫刻を続けていきたい、本格志向の方に大変オススメです。
<ハイス鋼 説明図>
ハイス鋼説明図
 

>> ハイス鋼 彫刻刀はこちら


刃物鋼 -手ごろな価格で手入れもしやすい便利な鋼材-
刃物鋼は一般的な鋼材で、安来鋼青紙2号を使用しております。ハイス鋼に比べて手ごろなお値段になっており、慣れない方にも比較的間単に刃研ぎができるという特徴があります。これから木彫りをはじめようという方の入門用に最適です。
<刃物鋼 説明図>
刃物鋼説明図
 

>> 刃物鋼 彫刻刀はこちら


彫刻刀の選び方
彫刻刀には実に様々な種類があります。その中でも多くの人が取り組んでいる仏像製作に使われることが多い彫刻刀やのみをご紹介します。彫刻刀選びの参考にしてください。



(1)鑿(のみ)  
平のみ 仏像製作の最初に荒彫りと中彫りで木を大きく削り、おおまかな形を作っていくときに使用します。
木槌や玄能を使って叩いて使用するので、柄が割れないように下がり輪(桂)が付いたものを使うのがオススメです。
  >> 鑿 はこちら

(2)平刀  
平刀

文字通り、平らな先端をした刀です。
柄の直線上に刃がついているため力が分散せず
力を込めた彫りが出来るのが印刀との大きな違いです。
また、お顔が小さい1尺ほどの仏像の場合
目や口のまわりの仕上げには小サイズの平刀が大活躍。
道刃物では1mmから揃えておりますので
阿弥陀様の頭部(螺髪)を丸くしたい場合には是非お試しください。

  >> 平刀 はこちら

(3)印刀  
印刀

印刀は刃先が尖った彫刻刀で、小刀、切り出しなどとも呼ばれます。
刃先を使った「仕切り」、刃渡りを使った「面削り」など小回りの利く彫刻刀です。

刃表(斜めに研いである面)を上にすると木に食い込み
刃裏(真っ平らな面)を上にするとすくって彫ることが出来ます。
右利きの場合、印刀右で奥に向かって彫ろうとすると、おのずと
木に食い込む形になるので、すくうようにして彫りたい場合は左を持つと
同じような運刀でありながら木に食い込みにくく彫ることが出来ます。
場所によって左右を使い分けされるのがオススメです。

  >> 印刀 はこちら

(4)丸刀  
丸刀

サイズにより刃の丸み(Rと言います)が違うので
代用が利かず数が多く必要となる彫刻刀の一つです。
そのため他の彫刻刀では展開のない「2mm」というサイズも
丸刀だけには存在します。
3mmより小さいサイズは通常の丸刀に比べRがきつい、
いわゆる深丸のようにしてあります。
クッキリとした丸溝を彫るのに便利です。
大きなものは荒彫りやくびれのカーブ、細いものは線や溝など
小作り段階〜仕上げまで非常によく使用される刀です。

 

 

>> 丸刀 はこちら


(5)浅丸刀  
浅丸刀

丸刀を使っていくうちにもっと浅い丸みが彫りたくなると思います。
丸みを浅くしたい場合、サイズの大きな丸刀にすれば
R(刃先の丸み)が大きくなるのでそれでも出来ますが
刃幅が邪魔になったり繊細な動きが難しい。
そこで重宝するのが【浅丸】です。

丸刀と浅丸のR比較
・丸刀9mmと浅丸3mmは同じ丸み(5.5R)
・丸刀15mmと浅丸7.5mmは同じ丸み(9R)
・丸刀24mm(特大)と浅丸12mmは同じ丸み(15R)

 

>> 浅丸 はこちら

(6)極浅丸  
極浅丸

浅丸をさらに大きなRにしたものが【極浅丸】です。
極浅丸はかなり平刀に近いです。
地域によっては薄丸などとも呼ばれ、立体の表面の処理を
わざと石目彫りにしてコツコツした感じを出すために使われます。

極浅丸のR比較
・極浅丸1.5mmは5.5R(浅丸3、丸9と同じ)
・極浅丸3、4.5mmは14R(浅丸10.5と同じで丸24に近い)
・極浅丸6、7.5mmは25R(浅丸15と同じ)

 

>> 極浅丸 はこちら


(7)三角刀  
三角刀

鋭い溝彫りや、彫る位置の見当をつけるためなどに便利です。
溝を一発で彫れる便利ですが、それゆえ研ぎも難しくなります。

V角度は基本60度ですが、ほかに45度、90度とバリエーションがあります。
意外と知られていませんが三角刀は横から見た時に
刃の底面と刃渡りの位置関係は垂直ではありません。
通常Vの両端が若干前に出ているのが欠けにくく、切れる形状です。
研ぎ直しをしたら切れなくなった、という場合
刃先の仕上げもさることながら、この形状の変化が大きく左右します。

逆に、対象物が柔らかい消しゴムはんこ用の三角刀は
Vの字の底の部分が前に出ています。
刃先が尖った形状となるため先端がどこの位置か見やすく
またすくい上げた時の線の切れ上がりがよくなります。

 

>> 三角刀 はこちら


最初は以上に挙げたような彫刻刀とのみから始めるのがよいです。慣れてくると、「もっとこういうのがあったらいい」と思うようになるので、そのときはまた形や大きさのちがうものを購入するようにしていくのが彫刻刀選びで失敗しないコツだと言えます。

彫刻刀の選び方

彫刻刀は刃物ですから、正しく使わないと思わぬケガをすることもあります。まずはしっかりと持つところからはじめましょう。
彫刻刀を親指と人差し指の間に置き、人差し指で握ります。それから中指の先を柄の先端(刃の根本近く)に添えます。

木を彫るときは、利き手だけで彫刻刀を動かすのではなく、利き手と逆手の親指で刃の根元を押してやるとしっかりと削ることができます。ケガの防止のため、刃物の前には決して指を出さないように気をつけましょう。

なかなか木が切れないときも無理に力を入れてないようにし、まずは逆目に彫っていないか確認。刃先が切れていないようであれば早めに研ぐようにしましょう。こまめに刃を研ぐことは制作効率や仕上がりにも大きく影響するのでこまめに行うことを心がけましょう。

研ぎについてはコチラ→ 彫刻刀の研ぎ方


彫刻刀の使い方


入門編一覧に戻る
 
ご注文についてのご案内
ネット割引価格
  お支払方法

<1回のご注文で>
3,240円(税込)以上のお買い上げで10% 割引
32,400円(税込)以上のお買い上げで15% 割引
<道ポイント進呈中!>
☆新規会員登録で道ポイント500Pプレゼント。
☆1,000円(税込)以上お買い上げの方に
 100円につき1円分のポイントを進呈します。
☆商品レビュー書き込みで50Pプレゼント。

ご注意
・所有ポイント100P以上からご利用頂けます。
・会員登録進呈ポイント500Pは初回ご購入から一週間後に有効となります。

1.クレジットカード決済

2.銀行振込(前払い・手数料お客様ご負担)
 ご注文確定から一週間以内にお振込ください。
 ご入金が確認出来ない場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。

3.郵便振替(後払い・手数料無料
 商品ご到着から一週間以内にお振込をお願いいたします。
  ※郵便振替はご購入金額4万円(税込)以上でご利用不可となります。

4.代金引換払い(手数料432円)
※ご購入金額1万円(税込)以上のみご利用可

送料・配送方法
お問い合わせ
・ご注文金額3,240円以上で送料無料
(3,240円以下の場合は送料別途432円ご負担ください。)
・ご注文受付後、翌日〜5日でお届けします。
※在庫がなくて発送が遅れる場合はご連絡いたします。
道刃物工業株式会社
〒673-0452
兵庫県三木市別所町石野945-32
電話:0794-82-3331 / FAX:0794-83-5707
FAX注文書はコチラ