道刃物工業株式会社
 
  商品一覧 入門編 お買い物ガイド 会社概要 お問い合わせ  
     
商品検索
リニューアルキャンペーン
彫刻刀 のみ
彫刻道具
彫刻刀 研ぎ機
木版画
てん刻
消しゴムハンコ
マイスターカービング
ひよっこ鎌
新商品
メールマガジン
 
メールマガジンのご登録・解除はこちらから
バックナンバーはこちら
 
弊社関連リンク
 
みんなの作品ギャラリー
あなたの作品をご投稿下さい!
 
MICHI★LOG
道刃物工業のブログ
 
みんなの彫刻のじかん
学校の先生向け
図工美術教材webサイト
 
切れ味爽快 ひよっこ鎌
園芸用鎌のwebサイト
 
道刃物 twitter
 
道刃物 Facebook
 
Youtube 道刃物 チャンネル
 
  

TOPページ > 入門編 > 彫刻刀について

彫刻刀について

ハイス鋼、刃物鋼ともに刀身の長さは85mm。柄の中には”刀身長さ”-”先出長さ”分刃が入り込んでおります。研いで刃先が短くなったら柄を削って先出を長くすることで、長い時間お使い頂くことができます。

ハイス鋼と刃物鋼の違い

道刃物で取り扱う彫刻刀の材質にはハイス鋼と刃物鋼という二つの種類があります。ここではその違いを解説します。

ハイス鋼 -木彫りのプロや愛好家も納得の鋼材-
ハイス鋼というのは、英語の(high-speed steel)を略した呼び方です。耐磨耗性・耐熱性・耐蝕性に富む特殊鋼の一種です。普通の刃より長切れし、焼き戻りしにくいのでグラインダーで荒研ぎができ、木彫りのプロや愛好家などにも信頼されている鋼材です。これから長く彫刻を続けていきたい、本格志向の方に大変オススメです。
<ハイス鋼 説明図>
ハイス鋼説明図
 

>> ハイス鋼 彫刻刀はこちら


刃物鋼 -手ごろな価格で手入れもしやすい便利な鋼材-
刃物鋼は一般的な鋼材で、安来鋼青紙2号を使用しております。ハイス鋼に比べて手ごろなお値段になっており、慣れない方にも比較的間単に刃研ぎができるという特徴があります。これから木彫りをはじめようという方の入門用に最適です。
<刃物鋼 説明図>
刃物鋼説明図
 

>> 刃物鋼 彫刻刀はこちら


彫刻刀の選び方
彫刻刀には実に様々な種類があります。その中でも多くの人が取り組んでいる仏像製作に使われることが多い彫刻刀やのみをご紹介します。彫刻刀選びの参考にしてください。

 基本の彫刻刀・のみ

(1)平のみ  
平のみ 粗彫りのときののみは木槌やハンマーで叩いて使うので、そのままでは柄が割れてしまうことがあります。柄の頭にしっかりと鉄の輪がはめてあるものを使います。仏像製作の最初に荒彫りと中彫りで木を大きく削り、おおまかな形を作っていくときに使用します。
  >> 平のみ はこちら

(2)平刀  
平刀 木の表面を平らに削りたいときや、ほかの彫刻刀で削ったときにできた溝をなめらかにするときなどに使用します。表と裏の両方使えるので用途に合わせて向きを変えれるのが特徴です。
  >> 平刀 はこちら

(3)印刀  
印刀 彫刻刀の中でもよく使う刀です。荒彫りの段階から仕上げ彫りまで、様々な用途で使われています。刃物全体を使って広い面を大きく削り取る場合や、鋭い刃先を利用して細かい作業に重宝します。また、普通の印刀だけでなく、印刀左があるのも特徴です。刀身が細いほどより細かい作業ができます。
  >> 印刀 はこちら

(4)丸刀  
丸刀 刃の断面がU字になっているので様々な深さや大きさの溝を彫ることができる。荒彫りから仕上げ彫りまで幅広く使用されている。仏像の衣のひだやお顔のなめらかな凹凸など、やわらかさを出すのにもっとも適した彫刻刀です。
 

>> 丸刀 はこちら


(5)浅丸刀  
浅丸刀 丸刀よりもU字の曲がりがゆるやかなので、より広い面を大きく削りたいときに便利。もっとU字がゆるい極浅丸刀もあります。
 

>> 浅丸刀 はこちら


(6)三角刀  
三角刀 刃の断面がV字型になっており、この部分を利用して鋭い溝を彫ることができます。レリーフなどの輪郭をはっきりさせるのにも使用されます。
 

>> 三角刀 はこちら


最初は以上に挙げたような彫刻刀とのみから始めるのがいいと言えます。慣れてくると、「もっとこういうのがあったらいい」と思うようになるので、そのときはまた形や大きさのちがうものを購入するようにしていくのが彫刻刀選びで失敗しないコツだと言えます。

彫刻刀の選び方

彫刻刀は刃物ですから、正しく使わないと思わぬケガをすることもあります。まずはしっかりと持つところからはじめましょう。彫刻刀の刃に近い部分を鉛筆を持つ要領で軽く握ります。人差し指と中指の間で持ち、親指を添えて支えます。

木を彫るときは、右手だけで彫刻刀を動かすのではなく、左手の親指で刃の根元を押してやるとしっかりと削ることができます。

このとき、刃物の前には決して指を出さないように気をつけましょう。また、逆手で持ったり自分の体に向かう方向に削るのも危険です。

なかなか木が切れないときも無理に力を入れてないようにし、まずは逆目に彫っていないか確認。刃先が切れていないようであれば早めに研ぐようにしましょう。こまめに刃を研ぐことは制作効率や仕上がりにも大きく影響するのでこまめに行うことを心がけましょう。


彫刻刀の使い方


入門編一覧に戻る
 
ご注文についてのご案内
ネット割引価格
  お支払方法

<1回のご注文で>
3,240円(税込)以上のお買い上げで10% 割引
32,400円(税込)以上のお買い上げで15% 割引
<道ポイント進呈中!>
☆新規会員登録で道ポイント500Pプレゼント。
☆1,000円(税込)以上お買い上げの方に
 100円につき1円分のポイントを進呈します。
☆商品レビュー書き込みで50Pプレゼント。

ご注意
・所有ポイント100P以上からご利用頂けます。
・会員登録進呈ポイント500Pは初回ご購入から一週間後に有効となります。
・有効期間:有効開始から1年間 。ポイント付与の都度、有効期間は更新されます。

1.クレジットカード決済

2.銀行振込(前払い・手数料お客様ご負担)
 ご注文確定から一週間以内にお振込ください。
 ご入金が確認出来ない場合はキャンセルとなります。

3.郵便振替(後払い・手数料無料
 商品ご到着から一週間以内にお振込をお願いいたします。
  ※郵便振替はご購入金額4万円(税込)以上でご利用不可となります。

4.代金引換払い(手数料432円)
※ご購入金額1万円(税込)以上のみご利用可

送料・配送方法
お問い合わせ
・ご注文金額3,240円以上で送料無料
(3,240円以下の場合は送料別途432円ご負担下さい。)
・ご注文受付後、翌日〜5日でお届けします。
※在庫がなくて発送が遅れる場合はご連絡いたします。
道刃物工業株式会社
〒673-0452
兵庫県三木市別所町石野945-32
電話:0794-82-3331 / FAX:0794-83-5707
FAX注文書はコチラ