GW休暇のお知らせ

2019-4-9

平素は、弊社サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
勝手ながら下記期間におきまして、ゴールデンウィーク休業とさせて頂きます。

■休業期間:
2019年4月27日(土) ~ 5月6日(月・祝)

■休業期間中について
4/25(木)までの注文は可能な限り4/26(金)の出荷を予定しております。
それ以降のご注文は5/7(火)、順次出荷してまいります。
4月28日以降もインターネット、FAX、メールでの注文やお問合せは受け付けいたしておりますが、
ご返信につきましては2019年5月7日(火)以降に順次対応とさせていただきます。
ご利用中の皆様には何かとご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 


小学校でゴムハン教室を行いました。

2019-3-14

こんにちは、道刃物工業の営業・キカイです。

先日、都内某小学校で大きな展覧会がありました。
その会の一環で、弊社に消しゴムはんこの授業のご依頼があり
特別講師をお呼びして授業を行ってまいりました。

講師ははんこ作家でイラストレーターのしろたえさん。
好きなはんこ作ったらおしまい、になりがちな消しゴムはんこですが
テーマを「消しゴムはんこで作る、生き物の世界」として
みんなの作品を一つのキャンバスに押して大きな作品に仕上げようという
今までにない内容の授業となりました。


この草原が、にぎやかになる。はず。。。


30名の児童を前に緊張しながらも、しっかりと指導されるしろたえさん

まずはお名前はんこ彫りで消しゴムはんこに慣れます。
トレーシングペーパーに名前をかきかき。

彫り方は先生のやり方を直接見てもらって。

持ち方が危ないけど。。。慣れるまで練習練習。

インクをつけて押印。よくできました!

お名前はんこで要領を得たら、本題に。
事前に用意してきてもらっていた生き物の図案を
ここはダイナミックにゴムに直描きで入れます。


お名前はんこと同じ要領で、線を彫っていきます。

インクをつけて、押印シールにペタリ。


生き物シールが出来ました。


周りを切ります。


黒板に草原を貼って行きます。(1クラス分)


自分が作った生物の棲まうエリアに貼っていきます。

今回は2クラス授業を行いました。
こちらのクラスも貼っていきます。

完成!

授業終わって、みんなも楽しかったようでした。
我々としても、いつも大人向けのWSを行っているので
改めて児童のみなさんの自由な発想には驚かされました。
みんなの作品を一つにまとめるのもワクワクしました。

プロの作家さんとの触れ合いは、児童たちにとってよい刺激にもなったようです。
作家さんと学校との懸け橋になり、弊社としても嬉しく思います。
今回は展覧会でしたが、学校公開など保護者の方にも見て
楽しんで頂けるような企画なので、今後も水平展開していきたいところです。


ワンダーフェスティバル2019冬に出展いたしました。

2019-2-18

こんにちは、道刃物工業の営業・キカイです。

ご報告が遅くなりましたが、先日行われました
フィギュア・ガレージキット(通称ガレキ)のお祭りである
ワンダーフェスティバル2019冬に参加してきました。
いつぞや大雪に見舞われ大混乱に陥った冬の会。
今年も開催日前後の悪天候の予想により
車での搬入を早めに断念→キャリーケースに切り替え
こぢんまりとした展示となりました。

しかしながら、お天気はまあまあ恵まれ足元もそんなに悪くなく
会場へはフィギュア/ガレキファンのみなさんが多く集まりました。
(いや、雪が降ろうがこの人たちには電車が止まらない限り関係ないか。。。)


すごい列!(カリスマ原型師のガレキを買うためです。)

前半はみなさん目的買いがあるので忙しそうでしたが
落ち着いてからは弊社ブースにも人足が増え
今回もたくさんのお客様に彫刻刀・モデレッジをお持ち帰り頂きました。


すでにモデレッジをお使いの方も新たに別な形状を手にされ
また造形やプラモ制作に役立てられるとのことでした。

ご来場頂きましたみなさま、ありがとうございました!

 

 


2019教材フェスティバルin大阪に参加してきました

2019-2-4

今年も2019教材フェスティバルに参加してきました。
毎年恒例で新年一発目の展示会なのですが、
新年度に向けた学校関係の業界だけのクローズのイベントなので
事前告知ができず申し訳ございません。

大阪イベントは奈良の消しゴムはんこ作家「つまびきや中野さん」に
消しゴムはんこのワークショップを依頼しております。
いつもソツなくこなしていただいて感謝感謝!!

こちらは中野さん作の當麻寺の導き観音様。
弊社のラビーナイフプロとラビーゴム(塩ビ)で彫りあげた作品はこちら・・・。
こんな細い線が表現できるとは、お見事です!!

当日は天候も良く、会場は熱気に包まれておりました。
お陰様で今年は開催10年の節目の年で過去最高の参加者でにぎわったようです。

この日のために先生方を動員し、運営いただいた協会事務局の皆さま、
本当にありがとうございました。

来年は教科書改訂と重なるため、教材フェスティバル自体が開催しませんが、
2021年また皆さまとお会いできることを楽しみにしております。

 


2019年賀状パネル

2019-1-29

今年いただいた手作り年賀状。
最近は消しゴムはんこも増えてますが、手摺りの木版画もまだまだ健在。

水彩木版画はmokuhangaとして海外でも通用する語句となっており
版と版を重ね、できあがる作品は最大の醍醐味とも言えます。

毎年数多く送られてくるこれらの年賀状は一昨年までは会社の展示室や
最寄りの郵便局に貸し出しておりましたが、昨年より東京での展示会イベントで
掲示し、皆様に観覧いただく機会を増やしました。

こちらにはもちろんプロの作家から個人ユーザーまで様々な力作を
パネルにし掲示しております。


特に木版画愛好家には好評いただいている企画でもありますので
もし展示会イベントでみかけることがあればぜひとも足を止めて
間近でご覧いただきたく思います。