素材博覧会に出展いたしました。

2019-9-30

9月最終の週末に行われました、横浜での素材博覧会。
弊社は今回初の出展となりましたが大きなトラブルもなく
無事閉会となりました。


会場は横浜大さん橋ホール。
独特な形状の会場で、まるで船の中にいるみたい。

弊社ブースではゴムハン商品を中心に
木彫彫刻刀も展示販売を行いました。

ブース内では消しゴムはんこ作家の”はんこやnoppo*”izuさんに
ご協力を頂き、Thank You カード制作のワークショップを行いました。
先生のおかげで笑いの絶えないワークショップとなりました。
izuさん、三日間長丁場でしたがありがとうございました。



素敵な作品がたくさん出来ましたね!

また、神奈川県在住のお客様には
「せっかく地元のイベントに出展してくれてるんだもの!」と
たくさんの方にご来場頂き、大変感激いたしました。

新しいイベント出展でしたがたくさんの方にお会い出来、
いろいろなお話をお伺いすることが出来ました。
また出展することがあればよろしくお願いいたします!

ご来場頂いたみなさま、誠にありがとうございました!


小学生が校外学習で来店

2019-9-20

東京北区にある東京アンテナショップ「彫刻刀のお店カービー
近隣の小学校2年生の子供たちが生活科の校外学習でお母様方付き添いで、
当店に来てくれました!

最初はお互いの自己紹介♪
→子供たちから一人一人名前を教えてくれて、私たちも当店スタッフの自己紹介をさせていただきました。

そして、お店の紹介をしました。
→会社は兵庫県というところにあるよ!
→そこで彫刻刀を1本1本作ってるよ!
→コンビニとは違って近所の人よりも遠くから来る人も多いよ!
などなど・・・

子供たちからの質問!
これがまた可愛いのです。
皆、我先にと手を挙げて、手を挙げながらもう質問していたり・・・^^

・彫刻刀はどのように作ってますか?
・いつからやっているのですか?
・お仕事は楽しいですか?
・困ったことはありますか?
など、他にもたくさん質問がありました。

特にお母様方にもうなずいていただいたこと、
それは、、、
「困ったことはありますか?」
の質問に、こちらの答えは、
→最近外国人のお客様が多く、英語での会話が大変です。
もっと英語をしっかり勉強しておけばよかった。
日本にはこれからどんどん外国人が入ってくるから、たくさんお話できるように、
皆、英語をいっぱい勉強してね!

と伝えたのです。
でも、その中である子が、
「ポケトーク使えばいいじゃん!」

笑いがおきましたね^^;。
はい、確かにポケトークを使うことがありますが、
やはりうまく話せなくても、下手な英語と身振り手振りで結局何とか会話ができてしまっていて、やはりコミュニケーションてすごいな、と思うわけです。
そのことを伝えると、子供たちも納得してくれました。←素直ね、小2生

その後は、彫刻刀を使って木を彫る体験もしましたよ♪


まずは、営業スタッフのキカイから、彫り方の説明をしてもらい、皆もやってみました。


「楽しい♪ このお店に来てよかった! ラッキーだった!」
との声が次々聞けました。

付き添いのお母様方にも体験してもらいました。
「懐かしい~・・・何年ぶりかなぁ~」と。

今回来店してくれた小学校の図工室には、備品として当店の彫刻刀が置いてあります。


プラ柄彫刻刀
皆、4年生になると図工の授業で使うよ~っと話したら、
「早くやりたーい!!」「やったぁ!」

図工はやっぱり創造力を豊かにし、子供にとって大切な時間となりますね。
皆、来てくれてありがとう♪


研ぎの講習会と版画刀の紹介を行いました

2019-8-26

先日、カービーにも来店されたMELさんが森木ペーパーさんのところで
木版画の講習会を開催するので研ぎの実演依頼があり伺ってきました。

森木ペーパーさんは日本全国各地でつくられる様々な和紙 及び 紙製品を取り扱っておられ、和紙輸出商社として創業以来、国内はもとより、現在世界約25カ国に供給されています。
文化財保存修復、版画を初めとするファイン・アート、ステーショナリー、インテリア素材、木版画の和紙を海外で高い評価を頂いております。


MELさんには通訳をお願いし、
マカオの方(学校の先生やアーティスト)6名へ

研ぎについては一生懸命に習得しようとメモを取ったり、体験されたりして充実した時間を過ごすことができました。

木版画は日本だけでなく、海外にも浸透しはじめており、「WOOD BLOCK PRINTING」よりも、今や「MOKUHANGA」が代名詞となっています。

来年にはIMC2020(国際木版画会議)が奈良で開催予定。
弊社もそれに向けて、まずは海外の方でも安心して研ぎができる道具や技法を今後研究し、提案していきたいと思います。

タナカ

 


ワンダーフェスティバル2019夏に出展いたしました。

2019-8-2

先日行われましたワンダーフェスティバル2019夏の模様です。


この日は台風が予想され、朝は結構な大雨でした。
会場の幕張に着くと雨は弱まり、厚ぼったい雲が覆いますが
落ち着いた天気とあいなりました。


今回は車での搬入を取りやめ手持ちにて。
こじんまりとした展示にいたしました。


はじめはいつも通り目的買いのお客さんが方々に散り
弊社ブースは凪の状態でした。
しかし11時あたりから徐々に客足が伸び
終わりまで客足が絶えない結果となりました。

 
お隣は透明骨格標本の「骨」さん。
幻想的な展示で目を引きました。
フィギュア造形は骨格まで研究される原型師さん多いので
実際の動物の骨格を見ることが出来るのは画期的ですね。
(標本製造の手法としては70年前からあるそうですが。。。)

 
向かいのブースにはロボットマンの姿が。
一時ミクロマンに夢中になりかけたことを思い出しました(笑)

お天気の悪さなどなんのその。
毎度熱いワンダーフェスティバルなのでした。

ご来場のみなさま、ありがとうございました!


韓国へ出張してきました

2019-7-12

田中です。
先日、韓国へ出張行ってきました。
学生時代ゼミの関係で韓国経済や財閥を勉強していたこともあり、4年生の時に
行って以来の訪韓なので四半世紀ぶりです。
当時はKIA自動車の工場見学やグンゼの工場視察をさせていただき、
現地の学生さんと交流したのを今でも記憶してます。

今回はお客さんが韓国の現地法人として駐在員として赴任されており、
その方が日本にいるときアルバイトの時代から仲良くしていただいたこともり
そのご縁で韓国へ行くことに。

まずは昨年から直接お取引させていただいている韓国で唯一ともいえる
スタンプ屋さん。ソウル市内にある stampmama さんです。
女性ならではの綺麗なディスプレイをされており
手紙や手帳などに押す既製スタンプはもちろんですが弊社の消しゴムハンコ彫刻刀も陳列していただいてました。

そして今年三木本社にもお越しいただいた刃物店の金代表、気さくに今までの経緯や韓国でのDIY市場などお話いただきました。

その他、版画工房や画材文具小売店など多数訪問させていただき、
その工房から紹介いただいた版画専門ショップに弊社の高級版画刀を販売していただいるお店にも訪問をしました。

合間をみて観光させていただいたり、韓国料理を堪能したり、とても中身の濃い2泊3日となりました。

 

初回訪問にしては今後につながるビジネスの話もでき、得るものも多い出張となりました。