2018-6月中国出張

2018-7-2

6月末に中国へ出張行ってきました。

恒例ですが上海虹橋→常州北はいつものことながら新幹線です。上海虹橋駅は本当に空港のように大きく、人も多いです。

いつも仕事の内容なので今回は中国の南京で観光がてら
見学したことを記します。

会長夫妻も以前見学したようなのですが、今回は「周園」というところへ。

聞くところによると入場料は150元。日本円で言うと約2500円ぐらい

以下参照
周園は仏教文化を中心に、石彫刻、木彫刻、玉彫刻、古典家具、仏像、壁画、徽派建築など古代文化芸術品コレクションがたくさん集まっている観光景区である。周園は御膳房、尚書房、養心殿、太和齋、保和齋と獅龍堂、千仏廊などかななっていて、中にはさらにマホガニーから作った30平方メートルもあるベット、3000年の木から作ったテーブル、6.5トンの龍鳳すずり、大きさ其々の4000余の仏像と2000平方メートル近くの手書き壁画などがある。

当日は終日あいにくの雨でしたが、これだけのものを私財で開園するなんて、おそるべし財力です。そしていつものように歓待を受け、今回は久々に中国式の乾杯で完敗です。

 

懐かしい写真も金社長がみせてくれました。

21年前に弊社が中国へ社員旅行に行った時のことです。

(外注仕入先も一緒に行っており、今は亡き方もいらっしゃいます)

 

最終日は上海前泊したのでひとりで地下鉄で南京路まで足を延ばしました。

いわゆる日本の銀座です。

中国も梅雨明けしたのか連日暑い日が続きましたが

日本のように扇子やうちわであおいでいる人はあまりいなかったように思いました。

お国柄なのでしょうかね・・・。

ではでは

by タナカ