年賀状版画コンクールの審査立会いに参加しました

2018-2-23

昨日、日本板画院主催の年賀状版画コンクールの審査に立ち会いました。

2年前から弊社もその主旨に賛同し、協賛させていただいている関係で
子どもの部から道刃物賞をセレクトするのが目的です。もちろん木版画を対象にうまく
刀痕が残せた作品になっているかどうか?が弊社の基準です。

選定した作品は発表までお見せできませんが、東京都美術館において掲示されます。
昨年はその表彰式にも立ち会いました。


今年は応募作品がなんと倍増し、幼稚園から中学生まで幅広く
そして木版画はもちろんのこと紙版画やスチレン版画など多数ありました。
昨年、道刃物賞を選定した静岡の児童も今年5年生になり応募されてました。


こういう審査も客観的な立場から作品を見なければならず、
今後の参考になります。

(こちらは大人の部)
弊社スタッフのキカイも夫妻そろって応募しました。

タナカ